遺品整理中に見つけた遺言書

遺品整理中に見つけた遺言書はくれぐれも開けないで下さい。

遺品整理中に見つけた遺言書

遺品整理の最中に、遺言書を見つけることがあるかもしれません。

そのときは気を付けて下さい。

その時はうっかり開封しないでください。

遺言書を見つけた場合は、家庭裁判所に持っていかなくてはならないと法律で決められているのです。

遺言書には裁判所の検認という作業が必要なんです。

相続人同士が争わない様に事前に中身を確認するのです。

この検認をしなかった場合や、封印のある遺言書を開封してしまった場合は、5万円以下の過料を科せられてしまいます。

何気なく見つけた遺言書をうっかり開けただけで5万円の過料です。

気を付けるに越したことはありません。

しかも、封印のある遺言書は家庭裁判所のなかで相続人やその代理人の立会いがなければ、開けることができません。

なぜ、こんなに遺言書に制約が多いかと言いますと、遺言書は死者の最後のメッセージなのです。

最後の思いの塊なんです。

財産に関する重要な物なんです。

これらの法律は最後の意思表示を最大限尊重したいという気持ちの現れなんです。

みなさんも遺品整理中に見つけた遺言書は、くれぐれも開けないで下さい。

そして、開けずに家庭裁判所に持っていくか、弁護士や司法書士などの法律家の先生に相談するかしましょう。

おすすめリンク

慈妙院動物霊園

遺品整理を業者に頼むには Copyright (C) www.olamaikakou.com. All Rights Reserved.